登り窯

(奈良県山添村  2008年宮嵜剣水築窯)

 

我々の先人がモノづくり、発展のために開発した登り窯。
炎の力強さ、自然の力、昔から変わらない原始的な焼き方を
目の前で感じることが出来、体験できます。
ご興味あるかたは是非一度ご覧になって下さい。

 

登り窯は2009年から不定期で1・2年に一度のペースで焼成しております。

次回予定が決まりましたらこちらで告知致します。


窯は奈良県山添村にあります。
見学ご希望の場合、焼成ご希望の場合の方は
ご連絡下されば詳しい場所をお教え致します。
*大阪から車で約一時間。奈良市内から50分ほどの場所です。

 

河内焼 陶芸教室 宮嵜剣水(ミヤサキ ケンスイ)
072-923-2574


                  窯が出来るまで

 

2007年1月21日(日)
突然舞い込んだ話
陶芸家を志す者にとって窯とは・・・・
どんな狭い工房で製作していようが、立派で便利な広い工房であろうが、さほど問題ではないのですが、窯となると・・・それは陶芸家の生命線といえるかもしれません。

長い事あちこち候補地を探していたもののなかなかよい登り窯の候補地は見つかりませんでした。

山添村切幡(きりはた)・・・この山の所有者のはこの地区出身。先代が趣味で始めた小さなガス窯と茶室にも使えそうな小屋・・・それらが、木々に埋もれて、おりしも、先日到来した寒波の余波でしょうか?雪が一面に残っておりました。

寒さに震えながらも、突然舞い込んだ窯の候補地に大いに感動でした。




 
2007年2月5日(日)
整地
無事に借地できるようになって、とりあえず、入り口から茶室に行く場所を確保し道を造り、登窯の基礎になる場所を確保するため、ミズナラの木を十数本チェーンソウで伐採して熊笹などの雑草を取り除き整地する事から始めました。


冬枯れの中、青空に雲が駆け抜けます。

 

 小屋には、御茶の炉がきってありました。
2007年3月5日(月)
レンガ搬入
3月5日、春の嵐が日本中を吹きぬけた日、岐阜県土岐市より耐火煉瓦をのせた10tトラックがやってきて窯の前の空き地におろしていきました。

この日購入したレンガは約3000個、必要数のまだ三分の一です。

 
 
2007年3月25日(日)
地面を硬く締めます。

地盤がゆるいと窯を焚いた後窯が傾いたり、歪んだりする為、地面をしっかりと固める。愛車のジープで、何度も前進、バックを繰り返した。これでかなり地面は硬くなったはずだ。
目標の傾斜にはまだまだです。
          
おっ!ふきのとうを発見!!春ですねーーー

 
 
2007年4月1日(土)
基礎工事
水準器で糸を張り、水平を出しながら基礎工事を進める。

基礎工事の途中だが、出来上がりをイメージするためレンガを並べてみた。フムフム、、、

               




山桜の間から愛車と茶室、基礎工事(中央部)を撮影!
2007年4月11日(水)
基礎工事
基礎工事、窯全体を支えるため、基礎は広く深くつくりました。石を置いて「捨てコン」で固め頑丈に!

熱が加わるため壁と中央は分離構造にしました。深さは約50センチ幅も50センチほどの基礎がぐるりと周りをかこっています。
 
2007年4月14日(土)
基礎完了
一の間「胴木の間」の基礎が完了しましたが、これからが大変です。それにしてもよく見ると、一寸だけ中心からずれているのかな?(笑)

傾斜は約20度を採用、標準的な登り窯の傾斜で本来は北側の傾斜に窯は作られるのがベストなのですが、土地の形から仕方なく西向きの傾斜に作ることになりました。

「ゆったり焼く」この幅広の窯は備前焼の窯に良く似てるといえます。
 
2007年5月3日(木)
基礎完了

一の間の基礎が完了。
山も新緑の季節に模様替えです。だんだんと窯の形ができてきた。



2007年5月7日(月)
屋根工事

窯の大屋根が出来上がって、これなら雨の日でもレンガ積んだり作業が出来ます。

ヒノキの丸太で組まれた大屋根は幅広で左右に松割り木がたくさん保存できるようになっています。

 
2007年6月5日(火)
どんどんレンガを積んでいく

アーチの部分も出来上がり、どんどんレンガを耐火モルタルで積んでいく。だんだん窯らしくなっていくのがわかります。。

2007年7月16日
 
レンガはSK32番の(1720℃に耐える)耐火煉瓦を使用。
 
2007年9月24日
休憩
 
2008年3月14日(金)
再開です
 
 
2008年4月20日(日)
ほぼ完成です
春爛漫、窯の周りには山ツツジが綺麗に咲き始めました。



薪が段々と数を増してきました。
 
2008年8月29日(金)
初めてのあぶり
   
 
2008年
 
薪は、半分は信楽の薪屋さんから購入。

残りは、原木の丸太を購入、また近くのゴルフ場から伐採仕立ての松の大木を数本頂きました。

玉切りした丸太を、斧で割っていくのは大変ですが、なれると結構楽しいし、そんなに難しくは無いですね。特に腰痛や肩こりも起こらず、目標の300束は簡単に出来上がりました。

あわせて700束これだけあれば、絶対余るはず!

薪が綺麗に列ぶと「窯屋さん」の風情がでるでしょ
2008年9月20日(土)
いよいよ、本焼きスタート
窯の周りを綺麗に掃除して、縄を張り窯の神棚には、水と塩と洗米が供えられ祝詞があげ、いよいよ点火です。

この窯の特徴は、一般的な登り窯と比較すると、傾斜はあまりなく、横幅が広く、窯の内部も高く、奥行きもあるので、焼き方としては、ユックリと時間を掛けて焼く窯だと言えます。似ている登り窯としては岡山県の備前焼の「融通窯」と言われている登り窯に比較的似ています。ゆっくり時間をかけて「あぶり」をしないと上手く温度が上がりません。24時間で500度くらいが目標です。
 
2008年9月21日(日)
本焼き2日目
 
2008年9月23日(火)
本焼き4日目
窯は1200度を超えて(弱いところでも)正面の火前はゆうに1300度を超えているような炎の輝きです。

燃え盛る割り木は黄色からやや白に近い輝きにかわり窯の両横に開けられた覗き穴からは作品の甕が肩先まで流れ出した溶岩のようなオキに飲み込まれそうになっているのが確認できます。メラメラと燃え盛るオキが溜まり、窯の中はまるで灼熱地獄のようです。そこに新たに割木を投げ入れる度に灰が舞い上がり作品に降りかかるのです。









 
 
2008年9月24日(水)
本焼き終了
一の間が焼きあがり、その余熱を利用して二の間も同時に焼いていく登り窯は上手に余熱を利用したもっとも完成された薪の窯といえます。
なんといってもたくさんの作品が同時に焼けるのが嬉しいです。
 
2008年10月4日(土)
窯出しです。
    
 
待ちに待った、窯を開けた瞬間です。
最前列は強烈に焼けた状態。

黒ずんでいるところまで、薪が燃えて「オキ」が被って作品が焦げた状態。
2009年9月10日(木)
第二回の本焼その窯づめ
いよいよ窯詰めも奥の棚が終わり前列にまで来ています。さくひん置く場所が大きく出来上がりに関係してきますので、大変難しく、しかも神経を使うところです。

作品が詰まりすぎても、逆に隙間が空き過ぎてもうまく焼けませんか。

昨年の窯での焼く具合が頭をよぎり悩みながらの窯詰めが深夜にまで続く。
2009年9月14日(月)
2009年9月11日~15日 2度目の窯焚き
今日は点火から3日目・・・窯の温度は1100度あたりこのあたりが一番温度が上がりにくいし、十分に作品に灰が降り注ぐことを願って少しずつ温度をあげていく。   投げ入れる赤松の割り木を選びながら又同時にオキがたまり過ぎないように注意しながら焚いてい行きます。

あまり投げ入れに時間がかかりすぎると炉内の温度も下がるし「薪を手渡す人」「薪を投げ入れる人」とは呼吸をあわせてテンポ良く作業しなければなりません。

2009年9月14日(月)
 
焼きあがった一番目の部屋をレンガで密封して隙間には溶かした赤土で隙間なくふさぎます。




2009年9月14日(月)
夜もふけて
次は二の間に取り掛かります。ここは横から奥まで約2・4メター幅は30センチほどの通路に薪を投げ入れて焼きます。一回に20本ほど割り木を投げますが反対側からも薪を投げてもらって左右のバランスをとります。 




 
2009年9月15日(火)
本焼終了

本焼は1300度をこえてきたので終了しました。9月22日が窯出し予定日です。

さて、どんな焼き上がりなんでしょうか。